2017シーズン後半戦に向けて

あっという間に1年の半分がすぎてしまったので、今シーズンの前半戦を一気に振り返ってみることにする。後半戦に向けて今年はほとんど練習ができていなく、月間走行距離1000㎞未満の月が続いているが、徐々に調子があがっているようだ。去年は6月の壱岐とタロコ優勝から、徐々に調子を下げていっただけに、今年はその逆のパターンと前向きに考えてコンディションを上げていきたい。・練習の量と質の増加まずはなにより練習量を増や...

7/16 第16回 JBCF 石川サイクルロードレース E1

福島県石川町ロードレース/公道13.6km/1周距離 75kmカテゴリー E1順位 30位タイム 2時間03分45秒(+TOP 1分57秒)那須ロードや三峰山ヒルクライムの結果がちょうど出走した中で半分ほどの順位だった。比較的厳しいコースの石川ロードは例年半数ほどの選手が完走しており、今の状態だと完走できるかぎりぎりのライン。このままだとまずいと思い、三峰山ヒルクライムが終わって1週間はコムリンの朝練やしげさんの水曜練に参加さ...

7/9 第2回 JBCF 三峰山ヒルクライム E1

埼⽟県秩⽗市ヒルクライム/公道全長13km、標高差810m、平均勾配6.2%カテゴリー E1順位 20位タイム 44分39秒(+TOP 6分3秒)今シーズンヒルクライム1戦目。得意のはずのヒルクライムだが、練習でもほとんど登っておらず、物見山や横松くらいしか走っていない。同行の佐川さん曰く、あんなところは山じゃないらしい。地元レースだし自走で行けそうだし出るかーという軽い気持ちでエントリーした。今シーズンはあまりにも登りが不...

6/11 第1回 JBCF 那須ロードレース E1

栃⽊県那須町ロードレース/公道7.1km/1周距離 42.6kmカテゴリー E1順位 54位タイム 1時間00分23秒(+TOP 13秒)今年からお世話になっているサイタマ・サイクル・プロジェクトで実業団の初戦レース。先週の壱岐のレースから調子は低調。初日はクリテリウムがあるが、私は出走せずにチームメイトの応援。井出選手が見事3位入賞でE2に昇格した。その日の夜は松永さんの那須の別荘に泊まらせていただき、2日目のロードレースに参戦し...

6/4 壱岐サイクルフェスティバル2017 エリート

長崎県壱岐市ロードレース/公道距離 50kmカテゴリー エリート順位 24位タイム 1時間26分21秒長崎県の離島、壱岐島をほぼ丸々一周するアップダウンのある公道ロードレース。昨年はVC Fukuokaの佐藤監督とのスプリント勝負を制し、まさかの優勝という結果を残せたレース。会場にて去年の写真をいただいた。優勝者は会場のモニュメントに1年間名前が掲示される。兄の住む長崎でお世話になっているチームのACS Nagasakiで参加した。...

ツール・ド・おきなわ 2016 市民レース210㎞

順位:48位時間:5時間47分09秒(+26:48)多くの自転車乗りがシーズンの締めとして参加する、アマチュアレーサーの甲子園とも言われるツールドおきなわ。去年はスタートから18㎞付近にてパンクし、ホイール交換までに10分ほどを要してしまい、集団に合流できずに201㎞地点の最終の川上関門にて足切りDNF。今年は招待選手といこともありしっかり結果を残したいと考えていた。台湾KOMチャレンジが終わった後、レースで出し切ったの...

台湾KOMチャレンジ2016

タイム:3時間42分32秒総合:19位年代別:2位日本人:3位4時過ぎに起床。ホテルでKOM参加者用に用意してもらったサンドイッチやバナナなどの朝食を食べて5時過ぎにホテルを出発した。アップも兼ねて自転車で走ること20分ほどでスタート地点に到着。サインボードにはほぼ一番乗りでサイン。ラファのコーヒーブースで無料のコーヒーをもらったり、トイレを済ませて他の参加者と談笑しながらスタートの時間まで時間を潰した。6時半を迎え...

台湾KOMチャレンジ2016前日談

台湾の自転車ショップ兼メーカーのSTARBIKE様のサポートを受け、6月のMAXXIS太魯閣国際ヒルクライムに続き、台湾KOMチャレンジに参戦してきた。コースは距離にして105km、海抜0mから3275mまで駆け上がる。途中に下り区間を含み、獲得標高は3600超えというまさにキングオブマウンテンのヒルクライムレース。アマチュア主体の6月の大会とは異なり、台湾KOMの優勝者には100万台湾ドル(約330万円)の賞金が与えられ、賞金総額241万台...

8/6 第2回 JBCF みやだ高原ヒルクライム E2 3位

2016年8月6日長野県宮田村ヒルクライム/公道全長10.7km 標高差890m 平均勾配8.6%カテゴリー E2順位 3位タイム 39分00秒(+59秒)概要先週の椿ヶ鼻ヒルクライムに続いて実業団レース2戦目。フランスから帰国してからなかなか自転車に乗る時間が取れず、 調子を崩してしまった。100人を超える出走者数かつ関東関西の強豪が多数参加しているため、なんとか3位以内に入り、2週連続で昇格したいところだったが、最後はスプリントで3位...

7/31 第1回JBCF椿ヶ鼻ヒルクライム E3 2位

2016年7月31日大分県日田市 椿ヶ鼻登山道路ヒルクライム/公道全長 13.0km、標高差 626m、平均勾配 5.2%順位 2位概要実業団デビュー戦となった大分県の日田市で行われた椿ヶ鼻ヒルクライム。ツール・ド・フランスを現地観戦しながら自転車旅行をして、20日間で走行距離2000km、獲得標高40000mと走り込めたので、その成果を発揮するために、フランスから帰国した直後に九州に遠征しての参戦。ツール・ド・フランスの現地観戦...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。